難攻不落三国伝〜魏と大いなる戦線〜&〜呉と大河の衛者〜

攻略のコツ

ここでは難攻不落三国伝のバトルについて、攻略の糸口になるようなセオリーを紹介していきます。
今回は武将ユニットの活用と強化について取り上げます。

第一回:配置と移動について
第二回:武将ユニットの活用と強化について
第三回:ユニットの成長と武将の装備について【new 14/02/28】


◆武将ユニットの活用


武将は

「陣形」

「計略」

など、兵士にない特徴を持っています。
兵士にくらべ兵糧を多く必要としますが、使いこなせばコスト以上の働きをしてくれます。

・陣形

「陣形」は、その範囲にいるすべての

兵士の攻撃力と攻撃速度をアップ

させます。
武将を配置するときは、なるべく多くの兵士が陣形の範囲に入るようにしましょう。

また、

陣形の効果は重複

します。 二つ以上の陣形の範囲が重なる場所に兵士を配置すれば、兵士の能力はさらにアップします。

・計略

計略には様々な種類があります。 効果や発動に必要な

『計略ゲージ』

も異なるので、それぞれの計略ごとに発動に最適なタイミングも異なります。 下に幾つかの例を挙げますが、他にも様々な計略があります。


1:火計
「火計」は敵ユニットに

小ダメージ

を与え、さらに

炎上状態

にします。

炎上状態の敵ユニットは、一定時間ごとにダメージを受けます。
その効果は敵が死亡するか拠点に到達するまで続きます。
そのため、なるべく拠点から遠い位置で使うほうが効果的です。

2:挑発
「挑発」を受けた敵ユニットは、

一定時間受けるダメージが増加

します。
そのため、敵武将など体力の多い敵ユニットを倒すのに向いています。
効果時間に限りがあるので、なるべく味方の攻撃範囲に差し掛かる直前に使用しましょう。

消費する計略ゲージ数の少なさを活かし、他の計略と組み合わせて使うのも効果的です。

3:決起号令・士気高揚
いずれも

味方ユニットの攻撃力が一定時間アップ

します。
なるべく多くの味方ユニットがいる状態で使うのが効果的です。
また、「決起号令」はマップ全体に効果が表れますので、ステージ終盤などで活躍します。

◆強化について


ユニットの能力を高める手段として、『陣形』や一部の『計略』以外にも、 ユニットの『強化』という手段があります。
『強化』は兵糧を使うことで、選択したユニットの能力を高めます。
1ユニットごとに4回まで使用でき、使うたびに必要な兵糧が増します。 効果は戦闘が終了するまで続きます。
基本的にはユニットを『強化』するよりも、新しいユニットを『配置』したほうが、 総合的に与えるダメージは大きくなります。
配置数の上限に達した際や、要所の補強などに利用するべきでしょう。