難攻不落三国伝〜魏と大いなる戦線〜&〜呉と大河の衛者〜

攻略のコツ

ここでは難攻不落三国伝のバトルについて、攻略の糸口になるようなセオリーを紹介していきます。
今回はユニットの成長と武将の装備について取り上げます。

第一回:配置と移動について
第二回:武将ユニットの活用と強化について
第三回:ユニットの成長と武将の装備について【new 14/02/28】


◆成長


『成長』の指針としては『兵士ユニット』を優先した方が良いでしょう。
武将は各1ユニットずつしか配置できないのに対し、兵士ユニットは複数配置できます。
また、バランスのとれた陣営の方が、どんな局面でも柔軟に対処できます。
特定のユニットのみを成長させるよりは、バランスを考慮した複数のユニットを成長させた方が望ましいです。
▲成長前(レベル0)
▲成長後(レベル45)

◆装備



『装備』は武将を最も簡単に強化させる方法です。
また、攻撃力以外にも注目するポイントがいくつかあります。
・武将の計略に合わせて

計略のなかには、火計や落石計など、敵を直接攻撃するものがあります。
これらは、武将の攻撃力でダメージが変わります。
なるべく攻撃力が高いものを装備させましょう。
・装備の特殊効果

装備のなかには、攻撃に炎上効果を付与するものがあります。
敵の出現地点で待ち構えれば、炎上による継続ダメージによって大きなダメージを期待できます。
・武器ではない装備について

武器ではない装備は兵種の制限を受けません。これらに、 "移動速度を大きく上げる"ものや、"陣形を広げる"ものなどがあります。
移動速度が上がる装備なら、蛮兵武将なども歩兵や槍兵の速度に追いつきますので、戦術の幅が広がります。
陣形を広げる装備なら、兵士を陣形に組み込みやすくなり、戦力の増強が容易になるでしょう。
▲通常の陣形
▲兵術書を装備時の陣形